スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戦争前夜。



明日は戦争


この小さな体で、微々たる力で





― いくつの命を守りきれるのだろうか







「・・・・・」


水戸市内のホテル―その一室のベランダにエレナはいた。
戦争の前の夜はいつも不安に駆られ、こうして空を見上げる。
亡き母と会話をするかのように、首からさげたロケットを強く握り締めて。

やっぱり戦争は怖い。
誰も傷つかないで済む方法なんて無いことはわかりきっていても、願わずにはいられない。
傷ついた分だけ、救われる命もあるなら無駄じゃないんだろうけど…

そんな思いばかりが堂々巡りをして、結局は同じ結論に辿り着く。


(アタシたちがやらなきゃ、いけないんだよね…お母さん)


優しく髪を揺らす風が母の言葉を届けて、臆病な背中を押してくれているようなそんな感覚。
もう一度ロケットをぎゅっと握り締めて祈った。





(どうか、できる限りの幸福を… ― )

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://backboooooox.blog11.fc2.com/tb.php/14-585ff266

 | ホーム |  page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。